お悩み・コンプレックス

二重顎がそんなリスクに?悪影響を及ぼすアゴ周りの脂肪・たるみの恐怖

二重顎

「そこまで太っていないのに…痩せているのに、二重顎」

…意外と多い「顔だけおデブ」。

二重顎=太っている、そんなイメージがあるのでぜひとも改善したい問題ですよね。

二重顎の原因はさまざまですが、実は二重顎から引き起こされる悪影響・リスクがあります。

二重顎から引き起こされる悪影響・リスクとは、どのようなものなのでしょうか。

二重顎が引き起こす悪影響・リスク

二重顎が及ぼすリスク・悪影響は、私たちの身に日々ごく普通に起きている出来事かもしれません。

噛み合わせが悪い・ストレートネックが原因の二重顎などは、アゴの周囲の筋肉が緊張します。

すると、血行不良につながりさまざまな悪影響を及ぼします。

二重顎の原因はこちらの記事へ→

二重顎の画像
痩せてるのに二重顎?おそるべき原因とはいったい何!?二重顎というと、「太ってる人」というイメージかと思いますが、意外と痩せてる人でも二重顎の人っていますよね。 芸能人でも、スレンダー...

眠気・疲労感・頭痛

  1. 偏頭痛がある
  2. 肩こり腰痛がひどい
  3. 手足のしびれ・息苦しさを感じる
  4. どれだけ寝ても疲れが取れない
  5. 日中常に眠気が襲ってくる

血流は私たちの体を健康に維持するため、もっとも重要と言っても過言ではありません。

実際に二重顎の悪影響で「あごを引いた姿勢が辛い」という方も多く存在します。

また日中とにかく眠い・疲れが取れないのは、二重顎が原因の睡眠時無呼吸症候群かもしれません。

2003年に起きた山陽新幹線の居眠り事故も、睡眠時無呼吸症候群でした。

睡眠時無呼吸症候群

「睡眠時無呼吸症候群」とはその名の通り、眠っている間呼吸が止まる症状です。

また大きないびきを繰り返し、呼吸が止まる症状も含まれます。

肥満が及ぼす悪影響だとご存知の方も多いでしょう。

呼吸が止まると、当然酸素不足になります。

酸素が不足すれば血管に悪影響を及ぼし、高血圧の原因につながります。

そうなると、心筋梗塞・脳梗塞・脳卒中・突然死のリスクが高くなります。

見た目だけだと簡単に考えがちな二重顎は、このような悪影響まで及ぼしてしまうのです。

通常、睡眠時自分の呼吸が止まっているなんて考えもしません。

ましてや太っていないのだから、そんな心配をする方も多くはないはず。

周囲から言われて初めて気づくので、一人暮らしをしている方は気をつけなければいけませんね。

二重顎が及ぼす睡眠時無呼吸症候群の悪影響は、アゴの大きさと舌のバランスにより引き起こされます。

よって多くの場合は心配いりませんが、万が一のリスクを頭の片隅に置いておく方がいいでしょう。

二重顎が見た目に及ぼす悪影響

鏡を見たり自撮りする時は、誰でもキメ顔です。

でも気を抜いているふとした時、人から見られているのは鏡に写したような顔ではありません。

知らない間に撮られた写真がすごくブスに見える。

多くの方が経験しているでしょう。

実はその顔こそが、本当の顔

その時二重顎になっていたのなら、人から見られているのはほとんど「二重顎の顔」だと考えましょう。

悪影響だと言うのは大げさかもしれませんが、

二重顎は見た目の印象を決めてしまう重要なポイントです。

1 2